『DVDプレス』と『DVD-R』とは?

DVD制作の方法には『DVDプレス』と『DVD-R』という代表的な二つの制作方法がありますが、その違いは何でしょうか?
まず『DVDプレス』という方法は原盤を作って、原盤を元にしてプレスしていく方法をいいます。
市販のDVDのほとんどが『DVDプレス』で作られていて、大量にDVDを作る場合に適したDVD作成方法となっています。
そして『DVD-R』は大元のDVDからコピーをして制作する方法となります。
マスターDVDを元にレーザーで焼き込みコピーをするので、1枚からでも少量のコピーが作成可能となっています。
DVD-Rでは記録媒体や制作過程の構造上、記録面に保護がないためキズがつくと再生できなかったり、また劣化でも再生することができなくなることがあるなど、再生上のデメリットが多くあるので注意が必要です。
もしDVD-Rの場合はサンプルなどで使うのが最適のようですね。
最近はDVD制作業者も増えていて、自分の希望通りのジャケットやデザインなどを自由に選んで作れる業者がたくさんあります。
トータルで作ってもらいたい場合ももちろん、コンテンツなども十分満足いくDVDが作れる業者を選んで、制作活動のサポートに役立ててくださいね。