痛くない虫歯治療

昔は虫歯治療といえば痛いイメージがあったが最近の虫歯治療は痛くないそうだ。
まず虫歯治療する前にする麻酔が痛かった。
でも最近では麻酔の痛みを和らげる方法がたくさんあります。
まず麻酔の注射をする前に歯ぐきの表面に麻酔をスプレーをしたりジェルを塗って痛みを感じにくくする表面麻酔がある。
麻酔をする前に麻酔をするなんてよほど麻酔の痛みで悩んでいる方が多かったのだろう。
次に注射針を細い方が良いらしい。
やっぱり太いと痛いのだ。
さらに電動の注射器がある。
痛みを感じないようにゆっくり注入していくようにコンピューターで制御しているらしい。
他にも麻酔の温度を体温と同じぐらいにしたり痛みのない場所に注射したりと痛みを感じないようにケアしてくれる。
また麻酔後の虫歯治療にも痛くない方法がある。
「カリソルブ」はドリルを使用せず薬剤を使用して虫歯を溶かす治療法だ。
子どもには「キッズソルブ」と言って乳歯専用の薬剤を使用するらしい。
小さな虫歯はレーザーを当てて治療するらしい。
「レーザー治療」も無痛か痛みを最小限に留めた治療が可能なんだとか。
患者さんの負担にならないよう歯医者は治療してくれているので痛みに弱い方でも安心して受けられるようになった。