持ち込み料が発生するかも?ただし口にできない場合も

結婚式を挙げるには、動くお金も半端ではありません。
そのため、結婚式が近づくと金銭感覚が変わる人もいるかもしれませんね。
新たな人生の門出なので、多少無理することもあるでしょう。
友人や知人に披露宴を盛り上げてもらいたくもなります。
しかし、新生活へのダメージを考えると、ムダな出費は極力抑えたいものです。
たとえば、新郎新婦を紹介する映像をDVDで流す方法があります。
ただ、DVDを持ち込むことで「持ち込み料」が掛かる結婚式場も存在します。
これは、DVDに限らず、衣装やカメラマンなども対象になるため、結婚式場での契約前にはきちんと確認することが大切です。
結婚式で使うDVD制作は、自分たちで行うほか、専門家に依頼する方法もあります。
そのため、持ち込み料の有無も含めて確認しておきたいですね。
身近にDVD制作が得意な人がいれば、お願いすることも選択肢のひとつです。
ただ、持ち込み料が発生しても口にできないので微妙ですよね。
私ごとで大変恐縮ですが、友人の結婚披露宴でBGM演奏を頼まれたことがあります。
そのとき、式場の楽器を使わずに自宅から運んでもらった経緯があり、持ち込み料が発生したのかもしれないと、大変心苦しく思いだしています。